電動アシスト自転車は地球にエコ?

電動アシスト自転車は地球にエコ?

 

今、「お手軽エコカー」として
注目を浴びている電動アシスト自転車。

 

 

でも、電動アシスト自転車で本当にエコできるのか?

 

どのくらいエコできるのか?

 

あなたは考えたことありますか?

 

 

元鳩山首相のスピーチ
「CO2(二酸化炭素)排出量 25%削減宣言」。

 

これを聞いた時、どう思いましたか? 

 

無謀だと思いましたか?

 

 

でも、実は全く不可能なことではないんですよ。

 

あなたの毎日の移動手段を変えることで、
CO2は確実に減らせるんです!

 

 

ガソリン車、バイク、バスを止めて、
電動アシスト自転車に切り替える!

 

たったこれだけで、CO2が激減するんです。

 

 

いわばCO2の「激ヤセ」。

 

「電動アシスト自転車は
CO2を全く出さないエコカーと同じなんです!」

 

 

こう宣伝している方もいるようですが、
残念ながらそれは間違い。

 

 

電気を使う以上、間接的にCO2を排出しています。

 

ごくわずかですが・・・。

 

 

ではどのくらいの排出量なのでしょうか?

 

片道10km(往復20km)、
1人で20日、1年間走行したとして・・・

 

 

ガソリン車 840kg
ハイブリッド車 613.8kg
バイク 446.4kg
バス(1人あたり) 254.4kg
電車(1人あたり) 91.2kg
電動アシスト自転車 9.9kg

 

 

いかがですか? 

 

 

電動アシスト自転車のCO2排出量は、
ほんとにわずかですよね?

 

 

ですから、今までバイク(原付)を使っていた企業が、
バイクから電動アシスト自転車に
切り替える動きが増えているんです。

 

 

電動アシスト自転車は
注目のエコカーなんですよ!

 

 

車やバイクで毎日移動しているあなた! 

 

電動アシスト自転車に切り替えてみませんか?

 

胸を張って「エコ活動宣言!」できますよ。