電動アシスト自転車はおサイフにエコ?

電動アシスト自転車はおサイフにエコ?

 

ここでは、家計からエコを考えてみましょう。

 

 

片道10km(往復20km)、
月20日で2年間利用した場合で、
原付と電動アシスト自転車と
バスの諸経費を比較してみます。

 

 

原付、電動アシスト自転車は新車を購入し、
原付は免許未取得、
バスは片道200円と想定します。

 

 

購入費は平均値であり、
費用はあくまでも目安です。

 

 

電動アシスト自転車の場合
電動アシスト自転車購入【\120,000】
バッテリー1本【\38,000】
パンクなどの修理費【\10,000】
充電用の電気代【(\80/月)\ 1,920】
合計【\169,920】
原付の場合
原付購入【\140,000】
購入諸費用【(ナンバー登録・自賠責加入など)\25,000】
免許取得費用【(交通費・手数料・写真代など)\10,000】
軽自動車税【(\1,000/年)\ 2,000】
ヘルメット【\7,000】
ガソリン・オイル代【\20,000】
合計【\204,000】
バスの場合
定期なしの場合【\192,000】
通勤1ヶ月定期利用【\216,000】
通勤3ヶ月定期利用【\205,200】

 

 

いかがですか? 

 

こうして数字で見ると、家計費の違いが
よくおわかりになると思います。

 

 

ということは・・・

 

 

電動アシスト自転車を2年間利用すると、
原付よりも1ヶ月約1500円、
定期なしのバスよりも
1ヶ月約900円の節約ができます。

 

 

「なんだ、たいしたことないな・・・」

 

そう思いますか?

 

 

では、この金額を「エコ貯金」として
毎月貯金してみて下さい。

 

 

2年間なら、原付で約35,000円、
バスで約22,000円ですよ!

 

 

あなたが2年間、電動アシスト自転車を
こぎ続けた「ごほうび」です!

 

さて、何に使いましょうか・・・?