電動アシスト自転車の「新基準」とは?

電動アシスト自転車の「新基準」とは?

 

電動アシスト自転車のカタログなどを見ると

 

「新基準対応」と書かれたものが

 

たくさんありますよね?

 

 

ところで、電動アシスト自転車の

 

「新基準」って何なのでしょう?

 

 

ひとことで言えば、

 

「電動アシスト自転車の補助率が、前より大きくなった」

 

ということです。

 

 

2008年12月1日に

 

道路交通法が改正されました。

 

 

この道路交通法によって、

 

電動アシスト自転車のアシスト補助率が

 

改正されました。

 

 

今までの規則では、電動モーターの補助率は、

 

1(電動):1(人力)となっていました。

 

 

つまり、今までの半分の力で走行できる、

 

というように定められていました。

 

 

しかし、規則改正によって、アシスト補助率の上限が、

 

66%に引き上げられました。

 

 

これによって、電動モーターの補助率が、

 

2(電動):1(人力)となりました。

 

 

つまり、今までの1/3の力で

 

走行できるようになったのです。

 

 

ただし、この補助が確実に行われるのは、

 

走行速度が時速10km未満の時だけです。

 

 

時速10kmを超えると徐々にアシスト率が下がり、

 

時速24km以上ではアシスト率がなくなります。

 

 

ちなみに、アシスト比率の

 

2(電動):1(人力)は

 

あくまでも上限のため

 

常時最大限のアシスト力ではありません。

 

 

アシスト力は走行スピードによって違ってきます。

 

走行スピードが速くなるほどアシスト力は落ちます。

 

 

では、この改正でも、

 

あまり大きなメリットはないのでは?

 

 

いえいえ、そんなことはありません。

 

 

時速10km未満のアシスト補助率が高まったということは、

 

走り出しと上り坂走行が

 

従来よりもっとラクになった、ということです。

 

 

旧基準では時速15km/h以下まで

 

ずっと1:1が上限でした。

 

 

つまり、時速15km/h以下まで、

 

電動50%:人力50%ということです。

 

 

新基準だと15km/h以下では、

 

電動56:人力44%となります。

 

 

時速15km/h以下では、

 

旧基準に比べて6%アシスト力が、

 

増えたことになります。

 

 

そのため、新基準により漕ぎ出しが

 

とても楽になりました。

 

 

旧基準はアシスト力が低いため

 

乗っていて疲れることも度々ありました。

 

 

ただし、アシスト比率には注意点があります。

 

 

新基準でアシスト比率が

 

2(電動):1(人力)となっていても

 

全てのメーカー、全ての車種が同じではありません。

 

 

アシスト比率はメーカーや車種によって、

 

微妙に違ってきます。

 

 

残念がらどのメーカーも

 

アシスト比率の数値を公表していません。

 

 

ちなみに、ブリヂストンやヤマハでは、

 

アシスト力を「★」の数で表しています。

 

 

そのため、アシスト力を知りたい場合は、

 

「★」の数を参考にするといいでしょう。

 

 

子供を乗せたり、重い荷物を運ぶなど、

 

負荷のかかる場合は出来るだアシスト力がある

 

車種を選ぶようにするといいでしょう。

 

 

そして、子育てママには、

 

さらに嬉しいお知らせがあります!

 

 

2009年7月の規則改正によって、

 

自転車の3人乗りができるようになりました!

 

 

この規則に対応した3人乗り電動アシスト自転車も、

 

続々発売されていますよ!

 

 

重い荷物も坂道も、もっとラクに、

 

もっと安全に走りたい!

 

それが電動アシスト自転車の「新基準」です。

 

関連エントリー