「夢の自転車」だと思ったのに・・・

フル電動自転車は「電動アシスト自転車」ではありません!

 

最近注目されつつあるフル電動自転車。

 

小型の電動モーター搭載で、

 

「ペダルをこがずに進む」電動自転車です。

 

 

女優の沢尻エリカさんが

 

乗っていたことでも注目されましたよね?

 

 

でも、買う前に絶対知っておいてほしい、

 

大きな注意点があるんですよ!

「夢の自転車」だと思ったのに・・・

 

「こがずに進む自転車なんて、スゴイ!!」

 

早速買ってみたい!

 

そう思われたあなた・・・

 

 

でも、ちょっと待ってください!!

 

フル電動自転車は、

 

「電動アシスト自転車」ではありません!

 

 

「エ〜ッ!それ、どういうこと?」

 

「だって自転車でしょう?」

 

 

ハイ、名称は自転車です。

 

でも自転車ではありません。

 

 

フル電動自転車がどんなものか知りたい場合は、

 

下の動画をご覧下さい。

 

 

 

フル電動自転車は道路交通法では自転車ではないため、

 

公道使用ができないのです。

 

 

フル電動自転車は、道路交通法では

 

原動機付自転車(原付)の扱いになります。

 

 

ですから、免許の取得・所持、

 

ナンバーの登録、メーターやウィンカーの装備、

 

ヘルメットの着用、自賠責保険の加入などがなければ

 

公道を走れません。

 

 

もし、あなたがそれを知らずに

 

フル電動自転車を購入し、公道を走っていたら、

 

あなたは道路交通法違反で警察に捕まってしまいます。

 

 

免許のない方では無免許運転、1年以下の懲役

 

または30万円以下の罰金刑になってしまいます。

 

 

「知らなかった」では済まされません!

 

 

実際に大阪で一斉摘発が行われ、

 

サラリーマンや主婦が道交法違反容疑で

 

警察の事情聴取を受けているんですよ。

 

 

「じゃあ、モーターを外して、

 

普通の自転車みたいに乗ればいいんでしょ?」

 

 

残念ながら、ダメなんです。

 

フル電動自転車はモーターを取り外しても、

 

公道は走れないんですよ。

 

 

せっかく買った自転車なのに、

 

家で眠ったまま・・・なんてことにも。

 

 

先ほどの大阪の主婦も

 

「自転車は家に置いておきます。」

 

とコメントしたそうです。

 

 

何のための自転車なのでしょうか・・・?

 

 

私は、フル電動自転車を買ってはいけない、

 

と言っているのではありません。

 

 

フル電動自転車の全てを知った上で購入されるのなら、

 

むしろおすすめします。

 

だって「夢の自転車」なのですから・・・

 

 

ちなみに、中国ではフル電動自転車で

 

公道を走っても問題ありません。

 

 

ナンバー、免許も不要でOKです。

 

ただし、時速20km/h以上は出せないようです。

 

 

中国では大気汚染や渋滞が社会問題のため、

 

フル電動自転車が普及しているようです。

 

 

将来、日本でも中国と同じように

 

フル電動自転車で公道を走れる日が

 

来るかも知れませんね。

 

関連エントリー